声オタだけどおいしいもの食べたい

グルメと声優とシャニマスについて語るブログ

スパイス呑み

スパイスとお酒は合うと思う

食べログマガジンで連載されている【今週のカレー】の100回記念記事が興味深かった

magazine.tabelog.com

 

昨今のスパイスブームにモダンインディアン、カレーの存在の移り変わりなど読み応えのある記事なので是非

 

今回は記事内で特に気になったスパイス飲みについて

 

ブログタイトルでは「呑」の感じにしました。なんとなくこっちのほうがイメージ的に伝わりやすかなと

お酒を飲みながらカレーやスパイスを使った料理を楽しむ

 

私はスパイス飲みの経験は記憶の限りではないですね

あえて例を挙げるなら花椒(ホアジャオ)の効いた中華料理とか

居酒屋でカレーを使ったつまみとお酒を合わせたぐらい

 

「スパイス飲み」という言葉、そしてそういう飲み方、居酒屋の存在は数年前から知ってました

冒頭の記事で対談されてるカレー細胞さんの記事やその他媒体でも少しづつ話題にはなってた記憶

retty.news

www.syokuraku-web.com

では実際にどういう店に行けばいいのか

私自身まだやったことがないので、自分が行くとしたらこのへんの店かなぁ・・・・とあたりをつけて調べてたところ、ポイントとしては以下の3つになりました

 

  • お酒とつまみがあること
  • カレーもあること
  • スパイスを使ったお酒や海外のお酒など珍しいお酒があると嬉しい

 

1番はマスト、酒はともかくカレー単体の店で飲むのはビギナー向けではない気がする

2番はベター、スパイス呑みと決めて飲むならカレーもつまみたい

3番はあると嬉しいなのでマストではない、しかし「変わったお酒が飲めるぞ」と飲兵衛を誘いやすい

 

感覚的に自分の中だとカレーをラーメンに置き換えると理解しやすい

ここ最近、ラ飲みという言葉も出てきたり、ラーメン屋だけどお酒とつまみも出してる店も最近増えたし、町中華飲みなんかも感覚としては近いのかなと

ここラヲタにしか伝わらないやつでは(ラ飲みもやってみたいなあ)

 

あたりをつけた店、言い換えると行ってみたいなと思った店はこちら

 

やるき

上のRettyグルメニュースでも紹介されているお店で一番惹かれたのが新中野にあるやるき

焼き鳥、唐揚げ、おでんと言った日本料理をスパイスでアレンジして提供してるのが特徴

料理自体はよく知ってるものが多いため、初めてのスパイス飲みとして入りやすいのかなと

インドワインやウォッカラッシー、ジンラッシーなんかもどんな味がするか気になる

関連ランキング:居酒屋 | 新中野駅中野富士見町駅中野新橋駅

 

 

スパイスパレット

昨年の10月にオープン

単純に私がよく使う駅近辺でないかなぁと調べてたらまさにこういう店を探してたんだよ!と言える店を発見

アチャール(スパイスを使ったインドの漬物)にスパイスを使った揚げ物炒め物、締めにはカレーにビリヤニ風の炊き込みご飯まで

スパイスを漬け込んだお酒がまた魅力的

関連ランキング:カレーライス | 秋葉原駅末広町駅岩本町駅

 

SAPANA

最後はチェーン店から一つ

ランチでよくインドカレーを食べてたお店

その時に夜メニューも見てて美味しそうだなと思った記憶から

インド・タイ・ネパール・ベトナムと多くの国の料理を海外のお酒とともに

アラカルトを摘むのもいいがコース料理の方がお得そう

関連ランキング:インドカレー | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

 

いつもとは違う一風変わったお酒とつまみで一杯なんてのも新鮮で良いのではないでしょうか

 

【声オタだけどおいしいもの食べたい】は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。