声オタだけどおいしいもの食べたい

グルメと声優とシャニマスについて語るブログ

早見沙織 スペシャルライブ2018 Winter

早見沙織 スペシャルライブ2018 Winterに参加してきました。

会場着いた時はやや雨も降り寒かったですが、会場内は熱気に包まれるぐらい盛り上がったライブでした。

いつもより熱いセトリでしたね。

 

 

印象に残った所を感想として挙げると、まずはライブ開始の メトロナイト・水槽・僕らのアンサー。

メトロナイトは最新アルバム『JUNCTION』に収録されてる楽曲で1番好きなので、これが最初は嬉しかったです。

最後の「ネオンに埋れてくメトロナイト」の歌い上げは生ではの迫力。

メトロナイトを訳すと「大都市の夜」なので、ここ東京お台場の夜にこの曲が最初ってのも、意図しているかはさておき、遊び心みたいなものがあって良いですね。

続く水槽も早見さんの楽曲の中ではライブ映えする曲になってきたなと。

クラップで観客も一緒に盛り上がる流れが安定化してきた所ありますね。

からの僕らのアンサーでぶち上がる。

久しぶりでも掛け合いの歌詞はしっかり歌えましたよ。

 

書きながらセトリを振り返って思いましたが、いつもの落ち着いたコンサートって雰囲気よりは今回はライブでしたね。

会場が熱気に包まれるぐらいには熱かったです。

 

新曲だと Let me hear が良かったです。

最後の「君の声が好きなのさ」は感情篭ってましたね。

実際に歌われてるのを見てもこの曲が早見さんの良さがよく現れてる感じがします。

短めの曲ですけど「You gonna take me higher」「da-da-li-la」や指パッチンなど耳に残るフレーズが多く、記憶に残りやすいってのも良いですね。

 

既存曲で今回驚いたのは あるゆらぐひ。

前半のアップテンポ系の曲で盛り上がり熱気のある空間から、ガラッとしっとり落ち着いた雰囲気に。

この曲で驚いたのは演奏、ボーカル、ステージの演出全部が一体となって表現されてたことです。

もちろん他の楽曲でも同じことは言えるのですが、この曲は特にそれが顕著に現れてました。

特に照明の演出が凄くて、ステージ奥の壁面に球体の照明が複数あったのですが、それがゆっくり外側から消えていって最終的に早見さんがいる所のみ光るという。

雰囲気の変え方からこういう見せ方まであるのかと驚きました。

 

最後に触れるのは早見さん曰くおまけの 雨の水平線(弾き語り)

数日前にゲネプロが終わって、ライブの日の天気予報を調べたら雨だったことから急遽これを準備したと。

確かに早見さんのライブで雨って珍しい。個人的にこの曲は大好きな曲なのでこれは雨に感謝。

サビ前からサビにかけてがやっぱり良いんですよね。

最高のおまけでした。

 

 

中盤でも触れましたが今回はいつもよりは盛り上がり、ライブハウスでのライブらしい面も多かった印象です。

早見さんのライブで「アンコール」コールが出るのは珍しい(前回は手拍子でのアンコールだった)のでそれぐらい盛り上がったとも言えるんじゃないですかね。

クリスマス直前と言うこともあってクリスマスソングもあったり、JUNCTIONの他の新曲も良かったし、また久しぶりに聞いて成長されたな、上手くなられたなあと思うあたりに、やっぱり表現者として本当に素晴らしいなと改めて思いましたね。

 

次は全国ツアーですかね。

東京公演はなんとか行けそうなのでまた次の機会を楽しみにしてます。

【声オタだけどおいしいもの食べたい】は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。