声オタだけどおいしいもの食べたい

グルメと声優とシャニマスについて語るブログ

中華そば 龍の眼@秋葉原

秋葉原の新店、中華そば龍の眼に行ってきました。

ローストビーフ油そばビースト 秋葉原妻恋坂店の跡地に6月末オープン。

ミシュラン一つ星を獲得した大塚の鳴龍プロデュースと聞きこれは行かねばと訪問。

ぱっと見ラーメン屋っぽくないお洒落な外観。

 

f:id:gs2123:20181231210824j:plain

 

f:id:gs2123:20181231211058j:plain

ワンタンそば980円+チャーシュー(50g)250円=1230円

 

前評判から「チャーシューがうまい!ワンタンがうまい!角煮がうまい!」といった感想が多かったので、ワンタンそばに+チャーシューをトッピング。

チャーシューは別皿で出てきました。  

見た目通り上品な味わい

あっさり上品な鶏醤油スープ。

ツルツルした舌触りの細ストレート麺、喉越しがいい。

スープとの絡み具合も丁度いい。

スープと麺だけでも質の高さを感じるラーメン

 

トッピングのワンタンはツルッモチっとした皮に肉タネがたっぷり。

噛みごたえがあってボリューム感ありますね。

ワンタンそのもの味は薄めでスープにしっかり浸して食うとちょうどいい塩加減で美味しい。

チャーシューは必ず頼んだがいい

 

追加で頼んだチャーシューですがこれはマストですね。

噛むごとに豚肉の旨味と甘味、八角の風味がジワリジワリと滲み出てくる。これ単体で酒が飲みたいぐらい。

ラーメン屋のチャーシューってより中華料理店の一品料理ですね。少量だけどこの値段なら安く感じる。

 

さらに驚いたのはこのチャーシューを食べた直後にラーメンを啜るとめっちゃうまい!

チャーシューの甘味がリセットされて、スープの旨味が引きたち、飲み込んだ後の余韻に甘味が加わって・・・別皿で出されたのはこういうことかと納得のうまさ。

 

予算感はやや高めだが食べる価値あり

一番安い中華そばは750円。

それ以外のメニューが1000円前後とややお高めの値段で、頻繁には行きづらいですが足を運ぶ価値はありますね。

次回は噂の角煮か、細切チャーシューを使ったピリ辛の葱そばも気になるなあ。

【声オタだけどおいしいもの食べたい】は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。